コミンライフスタイル

女性でも簡単にできる筋トレ「プリズナートレーニング」の効果をサクッとご紹介①

投稿日:2019年3月2日 更新日:

「プリズナートレーニング」とは?

こんにちは^^WEBライターのこみんこです(@mouse_10)

「プリズナートレーニング」という本をご存知でしょうか。本屋で売り切れ状態が続いている大人気の筋トレ本です。

インパクトありすぎな表紙は、週刊少年チャンピオンの格闘漫画「グラップラー刃牙」の板垣恵介氏による絵です。

バキバキに鍛え上げられた筋肉を見て、一瞬ひるんでしまいそうですね…!

しかし、この本に書かれてある筋トレ方法は、普段筋トレをしない女性でもできる簡単なものが多く、

最短3日で効果を実感する人もいるくらい、すごいトレーニング方法なのです。

プリズナー【prisoner】とは、日本語で「服役囚」「囚人」という意味。

本の著者であるポール・ウェイド氏は、凶悪犯を収監する「監獄」を渡り歩いてきた本物のプリズナー(元囚人)です。

そんなウェイド氏が書いた筋トレ本が、全米ベストセラーになり、日本でも売り切れ続出の大ヒットとなって話題を呼んでいます。

伝説的強さを誇る恐ろしい受刑者たちや、膨大な書物からトレーニング・テクニックを学び、プログラム化。アメリカの監獄で“コーチ”と言えば、ポール・ウェイドを指す。

引用元:Googleブックス

今回は、プリズナートレーニングを始めた私の旦那「T氏」が、どれくらい肉体改造できたのかをご紹介していきます。
まずはどんな筋トレをしていくのかをご覧ください^^

 

トレーニング1. 肩や二の腕に効く「ウォールプッシュアップ」

こちらはステップ1の、一番簡単な筋トレ「ウォールプッシュアップ」です。

やり方は簡単で、壁に手をつけて腕を曲げ伸ばしするだけ!

写真のような動作を繰り返すだけで、肩と二の腕を鍛えられます。

ポイント①両足をそろえる

両足をきちんとそろえることで、体幹を鍛えることができます。

ポイント②お尻を突き出さず、体をまっすぐな状態にする

お尻を突き出さないよう意識すると、ウエストの筋肉を鍛えられます。

ポイント③息は、腕を伸ばす時に吸い、縮める時に吐く

この呼吸をしながらゆっくりと腕を曲げ伸ばしすると、より効率的に体幹が鍛えられます。

回数は、

  • 初心者は10回を1セット
  • 中級者は25回を2セット
  • 上級者は50回を3セット

と決められているので、無理のない範囲でやってみましょう。

ちなみにT氏は、中級者コースから開始しました。

ウォールプッシュアップで得られた効果

ウォールプッシュアップは、上半身にある大胸筋・三角筋前部・小胸筋という筋肉に効きます。

T氏はウォールプッシュアップ開始から、わずか2週間で肩~二の腕が引き締まり、明らかに見た目がカッコよくなりました!!

会社の人からも、「痩せたね」とか「引き締まったね」と言われたそうです。効果テキメン!

 

ウォールプッシュアップは、肩の部分から二の腕が引き締められます。露出の多くなる夏に向けて二の腕鍛えましょう!

女性はバストアップの効果もありますのでぜひ試してみてください!

次回に続きます^^

-コミンライフスタイル
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社交不安障害とはどんな病気なのか?原因は何なのか調べてみた

こんにちは! 30代主婦でライターをしています、こみんと申します!(@a_mouse10) 今回は社交不安障害という精神疾患はどんな症状のことで、日常生活にどんなふうに支障をきたすのかなどを書いていこ …

なぜ社交不安障害になったのか?

こんにちは! 30代主婦でライターをしています、こみんと申します(@a_mouse10) 前回のブログでは、私が社交不安障害になってから現在までを簡単にお話しさせていただきました。 私が社交不安障害と …

嵐の休止記者会見を見て桜井翔くんのファンになった話

こんにちは^^34歳主婦でWEBライターのこみんこです(@a_mouse10)↑ウサギはこみんこのアイコンです。 突然ですが、嵐の休止記者会見を見てから桜井翔くんのファンになりました。 理由は… 記者 …

謎の体調不良が始まり、幻聴が聞こえるようになる

こんにちは^^ 30代主婦でライターをしています、こみんと申します!(@a_mouse10)   郵便局を辞めて、またしばらく引きこもりました。 どれくらい引きこもったのかというと、正直よく …

社交不安障害は治せるのか?①

こんばんわ(^_^)こみんこです(@a_mouse10) 今回は、社交不安障害は治せる病気なのか?について私が考えたことをご紹介しようと思います。 2年間、薬を服用して感じたこと 私は2年ほど「パキシ …