コミンライフスタイル

心機一転の転職!のはずがさらにメンタル崩壊

投稿日:2018年12月8日 更新日:

こんにちは

30代主婦でライターをしています、こみんと申します(@a_mouse10

 

やっと希望の職種で正社員になれたのに

あまりの忙しさと、女性社員ばかりで嫌な雰囲気の環境になじめず

職場を1年でやめてしまったところまで前回お話しました。

 

実家でニート暮らし、そして工場の仕事に就く

実家暮らしだった私はしばらく引きこもりました。

毎日、寝て起きて、ご飯を食べて、猫と遊んで…という生活を延々と繰り返していたのです。

そんな私を見かねて母が父の会社(乳製品の工場)を紹介してくれました。

 

父とは仲が悪かったので絶対嫌だと思いましたが、生活費に余裕がなく仕方なく入社しました。

でも、慣れない工場勤務。

デザイン系の職場から一転、乳製品を加工する工場で流れ作業を経験しました。

 

決して工場が嫌なわけではありません。

ただ、今まで私のやってきたこと全てが工場では役に立たず無駄になったことが本当に辛かったんです。

自分なりに努力して、デザインの仕事してきたつもりだったので。

しかし、再びデザインの仕事を追い求める気力もなく、

前職への思いはその程度だったのだと思います。(疲れ果てていました)

 

この工場の方々には本当にお世話になり、周りの人もいい人ばかりでありがたかったです。

しかし前職の疲れが影響したのか、体力仕事だったこともあり体を壊して1年で辞めてしまいました。

 

メンタル崩壊に追い打ちをかけた郵便局勤務

次に私が選んだ職場は、郵便局の窓口勤務でした。

郵便局なら、これから歳をとってもずっと働けるのではと思ったからです。

アルバイト入社をして10日ほど研修をし、指定された勤務先に配属されました。

 

郵便局って、V6のイノッチとか、荒川良々さんのCMでほんわかしたイメージがありませんか?

研修も楽しかったし、郵便局で真面目に働いて人生やり直せる気がしていました。

でもいざ入社してみたら、全く想像と違っていたのです…。

 

私が配属されたのは局員が10名ほど在籍している、そこまで大きくない普通の郵便局でした。

その郵便局内に入ったとたん、何とも言えないジメジメした嫌な雰囲気を感じたのです…

なんというか…みんな顔がとても暗く、生気がない感じでした。

「どうしたんだろう…もれなくみんな顔が死んでるし、雰囲気がとにかく暗い…」

蛍光灯の明かりも暗く、どんより感が漂っていたのです。

話を聞くと、地域の中でもかなり忙しい郵便局で、連日の忙しさにみんな疲れ果てていたのです。

郵便局には通常業務(切手やはがき販売、ゆうパック発送などなど)に加えて、物販販売という業務があります。

物販販売とは、

郵便局の端っこに置いてあるパンフレット(梅干しやら玉ねぎやら、夏になったらジュースとか売っているアレです)の物販を売る業務です。

その物販販売が疲れている局員をさらに苦しめていました。

 

物販販売には月の販売ノルマがあるんです。

正社員もアルバイトも関係なく全員にノルマがあります。

ノルマを達成しないと、みんないわゆる自爆(自分で買って売り上げにする)をしていました。

お正月の年賀状も、夏の暑中見舞いはがきも同様のノルマがあります。

 

私が行ってた郵便局は、特にそのノルマに対して厳しかったんです。

朝9時前から始まる朝礼では、ノルマを達成していない局員は局長にお叱りの言葉を聞かされました。

「こんな結果しか出せないのか!」

「お前はアホか、バカなのか!」

などの暴言を毎日のように浴びせられていたのです。

 

聞き流せばいいのですが、毎朝聞かされると本当に辛いんです。

特に私はそういう言葉を聞き流せない性格なので…

 

お給料がただでさえ少なかったのですが、さらに自爆で物販を買ったら

すずめの涙ほどしか稼げませんでした。

実家に住んでるのになぜ貯金ができないのか…悲しくなってきました。

 

郵便局で正社員になりたいと思っていましたが、

その為には保険のセールスなどの資格を取る必要がありました。

でも私に向いているとは思えなかったし、日々業務の疲れで社員のステップアップをする

気力が全然湧かなかったのです。

郵便局で働くうちに夢も希望も失っていって、どうしたらいいのか分からなくなりました。

 

郵便局での陰湿ないじめにあう

追い打ちだったのがいじめです。

もともと郵便局のスタッフ同士あまり仲良くなかったみたいですが、

ある日突然私がいじめの標的になっていました。

理由は、私がもともと精神状態のよくない感じで入社して、情緒不安定ぎみだったし

人が若干怖くなっていたので局員とのコミュニケーションもうまく取れてなかったのが原因かなと思います。

正直、仕事で失敗も結構していましたし、そういう私の姿を見て

みんなイライラしてたのではと今となっては思います。

 

そんなわけで、心機一転がんばろうと思った郵便局も1年ほどで辞めてしまいました。

ちなみに研修で一緒だった10人ほどの新人メンバーも、1年ほどでほぼ全員やめてしまったようです。

続きます!

-コミンライフスタイル
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

謎の体調不良が始まり、幻聴が聞こえるようになる

こんにちは^^ 30代主婦でライターをしています、こみんと申します!(@a_mouse10)   郵便局を辞めて、またしばらく引きこもりました。 どれくらい引きこもったのかというと、正直よく …

鬱っぽい人は、夕方から元気になるってホント?

こんばんわ(^_^)こみんこです(@a_mouse10) 今日は「鬱っぽい人は夕方から元気になる?(調子が良くなる)」ということについて書こうと思います。 人によって違いますが、少なくとも私はこの症状 …

嵐の休止記者会見を見て桜井翔くんのファンになった話

こんにちは^^34歳主婦でWEBライターのこみんこです(@a_mouse10)↑ウサギはこみんこのアイコンです。 突然ですが、嵐の休止記者会見を見てから桜井翔くんのファンになりました。 理由は… 記者 …

ブラック企業に入り、メンタル崩壊

こんにちは! 30代主婦でライターをしています、こみんと申します(@a_mouse10) 前回は、どうして社交不安障害になってしまったのかを書きました。 なぜ社交不安障害になったのか? 今回は、社交不 …

社交不安障害とはどんな病気なのか?原因は何なのか調べてみた

こんにちは! 30代主婦でライターをしています、こみんと申します!(@a_mouse10) 今回は社交不安障害という精神疾患はどんな症状のことで、日常生活にどんなふうに支障をきたすのかなどを書いていこ …